証券取引業者の比較をする時には

証券取引と言うのは、特に株式取引の場合、口座を作る必要があります。


これは銀行口座ではなく、証券会社の口座になります。

ですから、比較するべきこととしては、まずはその良し悪しです。

その判断が実は相当に大変でもあります。しかし、まず、安心してよいことがあります。

それは倒産したとしても預けている資金や株式に関しては特に没収されることはない、という点です。これはあまり知られていないことですが、あくまで所有権は購入した人にあるわけです。守られている権利ですから、安心してよいです。
破綻をすることは殆どないですが、ないわけではないです。
過去に例がゼロと言うわけでもないので、注意しておいた方が良いです。



前述の通り、持っていた株式がそのまま没収、相手の資産として処分される、というようなことはないです。


それは法律でしっかりと守られていますし、その為に金融庁があるわけでもあります。

しかし、証券会社ごとに取引の使い勝手や手数料の違いなど色々と差があるのは間違いないです。
維持費なども含めて、比較するのが賢明なやり方であるといえます。



比較することは、個人として色々とありますが、やはりまずは開設してくれるのかどうか、という点があります。



要するによい取引手数料であっても、認めてくれないのであれば意味がないです。殆どそうしたことはないですが、一部の証券会社は客を選別しています。

そうした所は避けたほうが良いです。特にメリットはないです。